SAMPLE IMAGE この画像は差し替えてご利用ください

条件付き贈与機能

家族信託の機能の一つに、条件付贈与機能というものがあります。

 

家族信託は、委託者から受託者に名義を移し、受託者が管理することにより得られる利益を受益者に分配する仕組みとなるため、委託者から受益者に対し信託財産を贈与したような外観を構成しますが、最終受益者に至るまでの段階で何人かの受益者を跨がせることや、受益権(財産から得られる利益を享受する権利等)について譲渡制限等の条件を付すこと等、負担付贈与(一定の条件が成就することにより贈与の効果が生じることとする契約)と同様の効果を生じさせることができます。

 

なお、家族信託で管理する財産が受託者名義であることも条件の一つといえます。

 

【備考】

委託者:財産管理を任せる人

受託者:財産管理を任される人

受益者:財産から得られる利益を享受する人

 

詳しくは「信託の仕組み」のページをご覧ください。

 

>>こちらから 信託の仕組み