SAMPLE IMAGE この画像は差し替えてご利用ください

名義付き集約機能

家族信託では、委託者(財産管理を任せる人)から受託者(財産管理を任される人)に財産の名義を移すことになり、受託者の判断でその財産を管理・処分することができるため、複数の委託者から一人の受託者に名義を移すことで、共有財産の円滑な管理・処分を可能とすることができます。

 

例えば、相続財産を分配する際に、代償金を支払うことができず、仕方なく土地を共有財産とすることがあります。

 

共有財産となった土地を売却するには、全ての共有者の承諾を得る必要がありますが、売却を考えたときには、それぞれの共有者の事情・関係も変化しており、意見をまとめるのが困難であることが見受けられます。

 

この点、土地を共有とした時点で財産管理を行う受託者を決めておけば、その後、その土地を売却しようとする際に、改めて共有者の意見をまとめる必要はなく、円滑な管理・処分を実現することができます。