SAMPLE IMAGE この画像は差し替えてご利用ください

財産分離機能

家族信託には、財産分離機能といわれるものがあります。

 

この財産分離機能というのは、家族信託で管理する財産が自己の固有財産(自己名義の財産)から切り離され、別個の財産(受託者名義の財産)として取り扱われることをいいます。

 

例えば、遺産分割協議は、亡くなった方の固有財産についてその承継先を決めるものですが、家族信託で管理する財産は、固有財産から切り離されているため、その対象にはならず、家族信託で指定した者に承継されます。

 

また、委託者が認知症になった場合、成年後見人が後見人の財産を管理することとなりますが、管理される財産は、後見人の固有財産に限られるため、家族信託で管理する財産は従前どおりの管理が可能となります。